上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:-- l スポンサー広告 l top ▲
 今更ながらの感想など。
 表紙のアルトのパイスー姿はさすがに設定資料にもしっかり注釈が書かれてしまうだけあって女性的なラインがセクシーで腰のあたりが特に絶品で美味しそうv
 途中からハマってアニメ雑誌等全く見ていなかった身にとっては見開きのカラーは再録とはいえ初見なので新鮮でした。
 バサラコスのシェリルの傍にスワンマイクがちゃんとあるのもマクロス7ファンとして嬉しい限りですし、ランカはミンメイコスなのも凝ってるというか、旧作からのオマージュをアピールしてるんだなぁと感心しました。
 監督や声優陣のインタビューも読み応えありましたし。
 けど、全ページに渡って「アイくん」を「アイモ」と書いてあるのには物申したい。
 ランカがどういう由来で「アイくん」と名付けたのかは不明ですが、「アイモ」の略なのか? だとしても「アイモ」が「あなた」の意味ならおかしいし、まだ記憶を取り戻してないランカがそう名付けるはずもないのに。
 
 ↑コメントをいただき、自分の勘違いに気付きましたorz

 何で今頃気付いたかといえば、最近になって各話のあらすじを読んだからDEATH。
 ああ、あと、これおかしいだろって思った箇所が。
 46Pの#22「ノーザンクロス」のあらすじに「反乱計画を知らされていないアルトやルカも(後略)」とあるのですが、じゃあアルトが受けたメールは何だったんだよ?!

 この先は若干冬コミ新刊のネタバレありだし、関係無い話題もあるので追記にしますが、書きながら20話以降のあらすじを読んで頭を整理していたのです。
 実はまだ書いている最中ですが、20話以降の、ミハエルが死ななかったバージョンの…もとい、重傷でフロンティアに残っている話を書いています。
 私なりの解釈というより、おこがましいですがミハアル的20話以降話。
 おかしいな、エッチシーンが入らなさそうだよ? 予定ページ数オーバーしそうなのに、まだ三分の二くらいしか書けてないよ? もしかして半分くらいなんじゃね?
 間に合うんだろうかと思いつつ、ちょっと筆が止まってしまってます。
 そんな中、最近は『黒執事』にハマったり、タイムリーなことに友人夫妻と執事喫茶に行ったり、相方と『レッドクリフ』を見に行ったりして。
 アニメ見るだけにしとこうと思ってたのに今日ついに『黒執事』原作コミックス買っちゃうし、録画しといたの見返したりしちゃうし。
 アニメ見返してて気付いたんですがフロンティアの後番組なせいか、『黒執事』の脚本、吉野さんなんですね。ふーん…
 もう出番終わっちゃったけどキャストに福山潤さんがいたのを見返して気付いた。よく聞けば確かにルカっぽい声のときあったわ。
 シエルの声は坂本真綾さんなんですが、この声が「トライアングラー」の高音を歌ってたというのが、いい意味でつながらない。声優さんってすごいなぁ。
 さて、現実逃避は終わり終わり。
 諦めたらそこで試合終了ですよ。
 更に自分のケツを叩くために、サイト更新もしなきゃ。冬コミの委託先が決まった件で。

2008.11.23 Sun 14:02 l 徒然 l COM(1) TB(0) l top ▲

コメント

アイくんの名前について
通りすがりに失礼いたします。
いつもこちらのサイト様の小説や日記を楽しく拝見しています。
ところで、OFFICIAL FILE の中でアイくんがアイモと表記されていた件に関してですが、アニメ17話「グッバイ・シスター」で、ランカの部屋にアルトが忍んで来て、ランカがアルトにアイくんのことを紹介した時に、「アイモ。アイくん」と言っていましたよ。
私はそれを見て以来ずっと、アイくんという名はアイモの省略形だ思っていたのですが、どうなのでしょうね?
2008.11.24 Mon 20:18 l 通りすがりのR. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://skull4.blog87.fc2.com/tb.php/55-e37eaa12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。